わきがで悩んでいる方のためのブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、様々な対策や治療法をご紹介します。
わきがで悩んでいる方トップ > ワキガ対策 > 夏の悩み ワキガ・足臭などの体のにおい 即日消す名医開発の手作り制汗ローション
新着情報
夏の悩み ワキガ・足臭などの体のにおい 即日消す名医開発の手作り制汗ローション
 

 夏に汗をかき体臭に悩む人が多いが、市販の制汗剤を使うとむしろ体臭が悪化すると判明

○ワキガ臭のもとはアポクリン腺の汗
日に日に暑さが増し、汗が気になる季節が近づいてきました。汗をかくとジメジメして不快になるだけではなく、においも気になってきます。毎年、夏になると汗と体臭に悩まされる人も多いことでしょう。
汗は、汗腺と呼ばれる場所で作られて分泌されます。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、ふだん汗をかくときにはエクリン腺が機能します。エクリン腺は体のあらゆる部位の体温が上がりすぎないように発汗させるため、全身のいたるところにあります。
一方、アポクリン腺はわきの下にわずかだけある汗腺です。このアポクリン腺はもともと、フェロモンと呼ばれる物質を分泌するためにあります。フェロモンとは、生き物が仲間同士を認識したり、異性を惹きつけたりするための物質の総称で、強烈なにおいを持っています。
つまりアポクリン腺から出る汗は、体温調節のための汗ではなく、強いにおいを発するための汗なのです。いわゆるワキガ臭の原因はアポクリン腺からの汗が多くでることにあります。


○肌にいる悪玉菌がにおいを作る
それでは、どうして汗がくさくなるのでしょうか。アポクリン腺から出る汗には、たんぱく質、糖質、中性脂肪、アンモニアなどの多くの物質が含まれています。しかし、それらのうちどれがにおいのもとになるのかはくわしくわかっていません。
また、アポクリン腺の中で汗として分泌される前の物質は無臭です。つまり、皮膚に汗が分泌されたあとに、におい成分がつくられるのです。
そのにおいを作り出すのが、皮膚の表面にいるブドウ球菌などの常在菌(悪玉菌)です。アポクリン腺から分泌された汗を、この雑菌が分解したり酸化(酸素と結びつくこと)したりして、独特のにおいを持つ物質を作り出し、その結果、ワキガ臭が起こってきます。
また、悪玉菌は、酸性よりもアルカリ性の環境を好む性質を持っています。アポクリン腺から分泌される汗は、アルカリ性であることが多く、それもまた雑菌を繁殖させる原因となっています。
一方、エクリン腺から分泌される汗の成分は、ほぼすべてが水で、残りは多少の塩分を含むだけです。それでも、やはり特有の汗くささを発します。
その原因として考えられるのは、やはり皮膚にいる悪玉菌です。アカや皮脂、ほこりなどが汗とまじり、それを常在菌が分解したり、酸化したりするために起こるのです。
しかし、これらの菌の活動はアポクリン腺の場合のように急速には行われません。そのため、エクリン腺から出る汗はニオイがそれほど強くなく、多量に汗をかいたあと、時間をおいてからくさくなるわけです。

○肌にいる善玉菌まで殺すと逆効果になる
さて、汗のにおいを抑える手段として、制汗剤が市販されています。制汗剤には、汗そのものを抑える収れん剤と、雑菌の活動を抑える抗菌剤が含まれています。収れん剤には、金属塩が含まれており、汗の成分であるたんぱく質と結合し、凝固物を作って汗腺の出口をふさぎ、汗を抑えます。また、抗菌剤には、皮膚の表面にいる常在菌の繁殖を抑える効果があります。
しかし、この制汗剤には問題があります。
なぜなら、皮膚にいる常在菌には、悪臭のもとを作り出す悪玉菌の繁殖を防ぐ善玉菌もいて、市販の制汗剤を使いつづけると、善玉菌が死滅してしまうからです。そして、善玉菌の代わりにもっと強力な悪玉菌が繁殖しやすくなり、さらに強いにおいが発生してしまうのです。
また、制汗剤を使いすぎることで、その成分が汗腺や皮脂腺をつまらせてしまい、かえって体臭がひどくなることもあります。においを気にしすぎるあまりに、制汗剤を使いすぎるのは、体臭に対しても、ひいては健康に対しても逆効果といえるでしょう。
ワキガや汗のにおいを抑えるためには、常在菌を完全に死滅させてはいけません。善玉菌を生かしたままで、においを抑えることが必要です。

 


汗を抑え肌の善玉菌を増やして体臭が見事に消えると今大人気の手作り制汗ローション

○世界で最も古い制汗剤「ミョウバン」
ワキガや汗くささを防ぐために、市販の制汗剤を使うことは、確かに手軽で便利です。しかし、制汗剤を使いすぎると、皮膚に住む善玉菌を死滅させ、悪臭を発する悪玉菌を繁殖させる恐れがあります。
それでは、市販の制汗剤を使わずに、ワキガや汗くささをどうやって防げばいいのでしょうか。
じつは、世界で最も古い制汗剤と呼ばれている物質があります。それは「ミョウバン」です。
古代ローマ帝国のジュリアス・シーザーも、ミョウバンを携帯してクレオパトラに会いに行ったといわれています。私は、このミョウバンに注目し、簡単に手作りできるローションタイプの制汗剤を開発し、クリニックにくる患者さんにすすめて大変好評を得ています。
ミョウバンを使ったこの制汗ローションは、最も安全で効果のあるすばらしい制汗・消臭剤なのです。

○あせもや水虫にも効果を発揮
まず、ミョウバンについて説明しておきましょう。
ミョウバンとは、硫酸イオンとカリウムイオン、アルミニウムイオンが結合することで作られる化合物です。性質としては水に溶けやすく、水に溶けると酸性を示します。
通常は食品添加物である、「焼きミョウバン」として販売されています。一般には、ナスやゴボウなどの漬け物を作るとき、膨張剤としてよく使われます。特に、ナス漬けに添加すると色が鮮やかになることで重宝されています。
では、このミョウバンがどういうしくみで、体臭を防いでくれるのでしょうか。
秘密はミョウバン含まれる、アルミニウムイオンにあります。ミョウバンで作った制汗ローションを皮膚に塗ると、ミョウバンに含まれるアルミニウムイオンが汗腺を適度にふさぎ、汗が出るのを抑えるのです。
また、体臭の原因となる皮膚に住む悪玉菌は酸性の環境を嫌いますので、悪玉菌の繁殖をある程度抑えることができます。とはいうものの、市販されている制汗剤のように、強力な殺菌作用があるわけではないので、善玉菌まで死滅させてしまうようなことはありません。むしろ、善玉菌の繁殖が活発になることも期待できます。
わきの下にミョウバンで作った制汗ローションを塗ると、制汗効果は6〜7時間くらい持続します。しかも、ミョウバンの効果は、制汗だけではありません。アンモニア臭を消す効果もあります。汗のにおいには、アンモニア臭も含まれていますが、アンモニアはアルカリ性であるため、酸性であるミョウバンと強く反応して中和され消臭されるのです。

ミョウバン効果は、まだまだあります。お風呂に少々のミョウバンを溶かせば、あせもや水虫、さらにはアトピー性皮膚炎にも効果があるといわれています。また、洗濯のとき、ミョウバンを溶かした水で靴下や肌着のすすぎを行うと、肌の弱い子どもなどのあせもの防止に効果があるとされています。
このように、ミョウバンは制汗だけでなく、皮膚のさまざまなトラブルに効果を発揮する優れた物質なのです。体に優しい制汗剤としてミョウバンで作る制汗ローションをぜひ利用してみてください。
ちなみに、市販されている制汗剤には、におい成分を吸着する製剤や、汗のにおいを覆い隠す芳香剤など、さまざまな化学物質が含まれています。そして、体臭を気にする人は、制汗剤を何度も噴きかけてしまう場合がほとんどです。その結果、もともとある体臭と制汗剤に含まれる化学物質の発する臭いがまじり合って、さらに体臭を強くしている場合も少なくありません。
その点、ミョウバンを使った手作りの制汗ローションなら体臭をかえって強くすることもなく安心して使えます。

 


制汗ローションは市販のミョウバンに水を加えれば作れ、ワキガも足臭もたちまち解消

○レモンを加えれば制汗効果がアップ
ミョウバンを使った制汗ローションが、市販の制汗剤よりも安全で効果が大きいことは、前の記事で紹介したとおりです(制汗ローションの作り方は、左の図を参照)。
さらに、制汗剤としての効果を高めたいときは、制汗ローションの原液にレモンの絞り汁を加えるといいでしょう。あるいは、制汗ローションの原液を作るときに、水道水ではなく、濃いめの緑茶にミョウバンを溶かしておくのもおすすめです。また、キュウリの絞り汁にも汗腺をふさいで汗を抑える効果があります。制汗ローションの原液に、少量のキュウリの絞り汁を加えれば効果がよりアップします。
いずれの食材も消臭効果が強く、天然のものなので、制汗剤として安心して使用できます。
実際に、制汗ローションを肌につけて使うときは、脱脂綿などに含ませてから、わきの下などに軽く塗るようにしましょう。
ところで、市販の制汗剤の使いすぎが逆効果になるように、ミョウバンで作る制汗ローションも過度に使ってはいけません。頻繁に使うと完全に汗腺をふさいでしまい、汗を出せなくなるからです。すると、発汗による体温調節の機能に支障をきたし、体調をくずしていまいます。朝の出かける前に適度に使うのが肝心で、3日に1度は使用を控えるのがいいでしょう。
汗はニオイのもととはいえ、よくかかないと体内の老廃物をじゅうぶんに排泄することができなくなり、健康を害してしまいます。
ところで、制汗ローションはワキガや足臭のほかに、最近話題になった加齢臭にも効果があります。加齢臭は、汗腺の働きが年を取るにつれて衰え、人がもともともっている消臭作用が弱まることで起こります。その場合も、制汗ローションを汗をかきやすい部分につければ、においが消えるので試してみてはいかがでしようか。


○悩みの水虫まで治って驚いた
では制汗ローションで体臭の悩みを解消した例を紹介しましょう。
東京都に住む佐々木茂雄さん(36歳)は、仕事柄、外回りをすることが多く、夏に炎天下を歩き回って、汗を大量にかき体臭に悩んでいました。
ワイシャツのわきの下は汗でぐっしょりになり、取引先の人とのコミュニケーションも気まずくなるほど、佐々木さんは汗のにおいが気になっていたそうです。しかし、私が診断したところ、確かにふつうの人よりはにおいが少し強いように思われましたが、ひどいワキガであるとは思えませんでした。
実をいうと、汗や体臭に関する悩みは、精神的なことが原因になる場合も少なくありません。本当はそれほどにおわないのに、過剰に気にしている人もかなりいるのです。佐々木さんの場合は、汗っかきの体質に劣等感をもっているように思えました。
そこで、私は佐々木さんに、ミョウバンで作る制汗ローションを使うようにすすめました。汗を抑えれば精神的な悩みも解消されるだろうと判断したのです。
その結果、佐々木さんの体臭の悩みは、ミョウバンの制汗ローションを使い始めてから数週間で解消されました。
また、佐々木さんは足のにおいも気にしていました。検査をしてみると、水虫にかかっていることがわかりました。私はミョウバンが水虫の治療の一環になると考えていたので、足にも制汗ローションを塗るようにすすめました。
すると塗りはじめてから数日のうちに佐々木さんの足のにおいは解消し、水虫の症状も数週間でほぼ完治したのです。


制汗ローションの作り方

●用意するもの
1.5リットルの空のペットボトル
500ミリリットルの空のペットボトル

焼きミョウバン50グラム(または生ミョウバン75グラムでいい)。1.5リットルの空のペットボトルと500ミリリットルの空のペットボトル

●作り方

1.5リットルのペットボトルに焼きミョウバン50グラム(または生ミョウバン75グラム)を入れ、水道水で満たし制汗ローションの原液を作る。


制汗ローションの原液を冷蔵庫で保存。1〜2週間は使える。


500ミリリットルの空のペットボトルに原液を10〜20ミリリットル入れ水道水で満たす。これで、制汗ローションの出来上がり。市販のスプレー容器に入れて噴きかけても使える。




わかさ 2005年8月号より


ワキガ対策の相談(回答内容別)
ワキガ対策の相談(質問内容別)
ワキガ手術の相談(回答内容別)
ワキガ手術の相談(質問内容別)

| ワキガ対策 | pookmark |
目次
-
LINK

五味クリニックの「わきが手術相談室」
様々な体臭の中から、ワキガの問題に特化したサイト。そのチェック法や治療方法などを詳しく説明しています。

ワキガ治療の五味クリニック
ワキガ・体臭・多汗症に悩む方の心と体の治療室。東京と大阪にあります。

わきが多汗症研究所
腋臭症等の体臭や多汗の悩みに対して、総合的な治療法を確立する目的で設立されました。

腋臭・ニオイ・汗対策最新情報
ワキガ・体臭・多汗に悩む方のための情報室。体のニオイや汗で悩んでいる方にその対策をご紹介します。

加齢臭、その原因と対策
体臭の治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、加齢臭の原因、予防、対策をご紹介します。

体臭ブログ
わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ
わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

介護現場のニオイケア
介護のニオイは、無臭志向の社会で育った介護者にとって深刻な問題です。介護法の一つとしての「ニオイケア」の具体的方法や、身近な工夫でできる技術法を取り上げていきます。

五味クリニック・テレビ雑誌情報
五味クリニック院長のテレビ出演、雑誌掲載等についての情報です。

youtube五味クリニックチャンネル
よくある体臭多汗に関する質問に五味院長がお答えします。

--
LINK2

アミノ酸関連の健康食品を紹介した書籍のブログ
ブログ名は「アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介」。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

イタリアン・カジュアル・ダイニング・なんだかんだ
池袋での忘年会、結婚式の二次会で人気のお店、何駄感駄公式サイト。ソムリエのいるワインとイタリア料理のお店です。

モバイル
qrcode

▲このページの先頭へ